シゴトをタノシクするヒント- Funを作ってFanを増やそう -
Menu

マイクロソフトオフィス2013で困った時の対処法

MSOffice2013で困ったときの対処法

新しいパソコンを購入された方もいると思います。
(XPサポート終了については「ウィンドウズXPサポート終了の影響と対策」をご覧ください。)

新しいパソコンに変わることにより、
仕事に影響を与えるのがマイクソフトオフィスの仕様変更ではないでしょうか?

XPを使っていた方で、マイクロソフトオフィス(以下、MSオフィス)を使っていた方は、
MSオフィスのバージョンが2003だったと思います。


実は、MSオフィスはMSオフィス2007から大きな使用変更を行っているため、
MSオフィス2003と画面から大分使い方が変わっています。

そのため、慣れないうちはとても使いにくいと感じると思います。
一番の変更は、メニューバーが、リボンという機能に置き換わったため、
まずは、使いたい機能を探すところから始めなければならないからです。


そこで、オススメの対策としては、
使いたい機能や、やりたいことをインターネットで検索を行うことです。
MSオフィスのヘルプ機能を使うよりも、とても早くやり方を見つけることができます。

インターネットを活用することで、
専門の人を雇い入れたり、パソコン教室に参加しなくても、
ある程度のレベルまでMSオフィスを操作できるようになります。


また、そもそもの、MSオフィスがどのようなものなのかということを知りたいという方には、
マイクロソフトのWEBサイトで確認することをオススメします。

意外と知られていないのですが、
マイクロソフトのWEBサイトでも、初心者向けの使い方を含め、
MSオフィスの活用方法を紹介しています。



MSオフィス2003を利用していた方にとっては、
現行のMSオフィス2013のメニュー機能がガラリと変わっているため
とても使いにくくなったと感じるかもしれません。

しかし、ある程度使い慣れてくると、
とても便利な機能もたくさん増えていて、とても”使える”ソフトになっています。

ですので、最初は手間かもしれませんが、
操作や機能でわからないことがあれば公式WEBサイトや、
いろいろな方が公開している使用方法などをインターネットで検索してみることをオススメします。

MSOfficeトレーニングセンター

ちなみに、マイクロソフトofficeトレーニングセンターでは、新しい Office を使用する際に、まずこれだけは知っておきたいという機能を 1 枚にまとめているクイックガイドや、トレーニングビデオ、新機能紹介ビデオや、最新officeの操作ガイドなどの役立つコンテンツを紹介していますので、こちらも合わせて参考にしてみて下さい。



今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。