店舗ビジネスの電話マナー。イメージダウンの理由

電話マナーは大丈夫ですか?

店舗ビジネスを行っている方は是非、注意して見直してみてほしいのが、電話マナーです。なぜなら、電話マナー違反をしていると、電話をかけているお客さまからの印象が悪くなってしまい、見込み客を逃してしまう可能性があるからです。

例えば、「3コール以上鳴ってから出たのに、「お待たせいたしました」と言わない。」とか、「お客さまが電話を切るのを待たずに、電話を切ってしまう。(お客さまから電話をかけてきた場合)」というのは、電話のマナー違反です。

ですが、私としては意外と見落とされていると感じるのが、電話の”ガチャ切り”です。


電話のガチャ切りとは



ガチャ切りとは、俗に、電話の切り方が乱暴なことを意味します。

電話を切るときに受話器を電話機にダイレクトに置くことで、受話器と電話機がぶつかる音(ガチャという音)が相手に聞こえてしまい、相手に対して不快感を与えてしまいます。

相手が電話を切ったということを確認してからであればセーフですが、相手がまだ電話を切っていない場合、ガチャという切られ方をされ、何とも耳障りで後味が悪いくなり、ちょっとイメージダウンにつながってしまいます。

一応、電話の切り方としては、「できるだけ静かに音がしないように切る」というのがマナーです。ですから、電話を切る時に、そぉ~っと受話器を置くようにしている方が多いですよね。

ちなみに、私としては、電話を切る際には受話器を置く前に、手でフックを押して電話を切り、それから受話器を置くという方法をおすすめしています。その方が早く電話を切れますし、”ガチャ”という音もでないのでオススメです。



そういえばサラリーマン時代に、他の部署の方が手でフックを押して電話を切る方法をやっているのを見た上司が、ドヤ顔で、その電話を切る方法を部下である私に紹介していましたが、私が、その上司の前の席で、ず~っとその方法で電話を切っていたことには気づいてなかったようです・・・(苦笑)

それくらい、電話の切り方まで気を配って見ている人はいないということでもありますが、社内の目は別に構いませんが、お客さまにどのように思われるのか?ということは大事ですので、忘れないようにして欲しいですよね。

プッシュホンの場合、「電話を切る」ボタンを押せば電話が切れるので、ガチャ切りにはなりませんが、コードが繋がっている電話機を使っている場合は注意が必要です。

電話の切り方一つで、相手に悪い印象を持たれたくはないので、気になる方は、今すぐ、電話の切り方を意識してみてはいかがでしょうか?



今回は以上です。
面白いと思った方は、是非、取り入れてみてください。

P.S.
コチラのスマホアプリで電話応対の基本を学べます。

知らないとまずい電話応対の基本

知らないとまずい電話応対の基本(※Android)

==>>===■□■========>>===

Fanを悦ばせるFunを創る、
ファンビジネスを始めませんか?

ファンビジネス化コンサルタント
伊藤
=>>- – – – – – – – – – – – – – – – ===
HP:ファンメイキング | 福島県
Blog:ファンビジネスのすゝめ
twitter:@funmaking_ito

==>>==■□■==>>===^-^)v==

コメントを残す