シゴトをタノシクするヒント- Funを作ってFanを増やそう -
Menu

ブランド力を高めるための3つのステップ

ブランド力を高める ために、何か具体的な行動を起こしていますか?
小さな会社の場合、ブランド力が無いためになにかと苦労したというケースも少なくないと思います。

それにもかかわらず、ブランド力の向上のために、何かに取り組むということは、意外とやっていないのではないでしょうか?恐らく、「何をすればいいのか分からない」ということがその原因だと思います。

もし、あなたがそういった方に当てはまるなら、これから紹介する3つのステップを参考に、実践してみることをおススメします。

 

ブランド力を高める 3ステップ

① ターゲットを決める | ブランド力を高める 3ステップ

ブランド力を高めるには、ターゲットとなるお客さまを明確にすることが第一歩です。

ターゲットを決めるということは、あたりまえにやっていると思うかもしれませんが、「具体的に誰?」というレベルまで絞り込んでいますか?と確認すると、答えられないケースが本当に多いです。

例えば、「ターゲットは誰ですか?」と質問した時に、「20代の女性です!」という回答をする方が本当に多いです。20代の女性といっても、ちょうど20歳なのか?それとも29歳なのか?で、考えることや感じることに大きな開きがあります。

また、既婚者か未婚者かによっても、違いますよね。

 

ターゲットをできる限り具体的にしていくことで、どんなことで悩んでいるのか?どんな問題を抱えているのか?ということがわかるようになってきます。

いわゆる、ニーズというものですね。

このニーズがわかるようになると、あなたが提供できる商品やサービスで、どのニーズを満たすことができるのか?がわかるので、あなたが”その道の専門家”というようなブランドを作りやすくなります。

ですから、ブランド力を高めるためには、最初にターゲットを決定することが重要なのです。

 

 

② プロフィールを 作り込む | ブランド力を高める 3ステップ

「プロフィールはもう作ってあるよ」という声も聞こえてきそうですが、そのプロフィールは、ターゲットの興味を惹くことができるような内容になっていますか?

恐らく、”正直”なプロフィールを公開しているケースがほとんどだと思います。

誤解しないでほしいのですが、ウソのプロフィールを作れということを伝えたいのではなく、ターゲットが興味を持つようなポイントを意識して公開しましょうということです。

 

要は、ターゲットが興味を惹かない部分は、プロフィールとして公開しなくてもいいということです。

例えば、「30歳までアルバイトで生活していたが、30歳になったことをきっかけに起業し、集客コンサルタントして活動中」という、集客コンサルタントの経歴を見て、その集客コンサルタントに依頼したいと思いますか?

ならないですよね(苦笑)
この内容ダケだったら、書かない方がイイと思います。※これは、私の経歴ではないです(-_-;)

もちろん、「そのアルバイトをしていた時に、何度も爆発的な集客に成功した」というような実績があれば、その内容を盛り込めばOKです。

ですが、そういった実績がない&ターゲットに「この人凄そう・・・」と思われれないような経歴は、出さない方がブランディングに役立ちます。

 

ただし、プロフィールにウソ・偽りはNGです。

経歴を良く見せようと、実績を誤魔化したり、バレないだろうと思って出身大学を誤魔化して公開するのは絶対にやってはいけません。

あなたのプロフィールを見て信用したお客さまを騙すことになりますし、ウソがバレた時には、それまで構築してきたブランドが一瞬で崩壊してしまいます。

 

もし、ターゲットの興味を惹くような経歴や実績が無いという場合は、マイナスになる要素を排除した経歴や実績を公開するようにしましょう。

たかがプロフィールと思うかもしれませんが、とても重要な要素ですので、手を抜かずに、公開する内容を検討して下さい。

 

 

③ 価値ある情報 を 発信する | ブランド力を高める 3ステップ

ターゲットを決めて、あなた自身のプロフィールができあがったら、あとは、そのターゲットに向けて、情報発信をするだけです。

情報発信する方法は、ホームページやブログ、Facebook、Twitterなど様々な情報発信ツールがありますので、ターゲットが目にする機会の多いツールを使ってください。

 

また、情報発信といっても、日々の出来事を公開するのではなくて、ターゲットにとって価値のある情報でなければ意味がありません。

価値の無い情報は、ターゲットに見向きもされませんし、ブランディングにも繋がりませんからね。

 

では、価値のある情報とは何かというと、それはターゲットを決めることで見えてくる、悩み事や抱えている問題を解決する情報というような、ターゲットにとって役に立つ情報です。

ここで価値のある情報を発信するためにも、①のターゲットを決めるというのはとても重要なことなのです。

「お客さんが集まらない」と悩んでいる方に「今日は〇〇を食べました!」なんて情報を発信されても、「うるさい!」って思われるだけですからね。

 

 

ブランド力は後からついてくる

以上が、ブランド力を高める3つのステップです。
ただ、誤解しないでほしいのは、これをやったからといって”すぐにブランド力が向上するわけではない”ということです。

価値ある情報を発信し続けることで、それがターゲットの目にとまり、興味を惹き、プロフィールなどを見てもらうことで、信頼してもらうことができます。

残念ですがこれは一朝一夕でどうにかなるものではありません。

 

ですが、そういった活動を継続して行うことで、次第に口コミが広がり、自然とブランディングに繋がっていくというのも事実です。

ブランド力を向上したい!と思うのであれば、紹介した3つのステップを実践してみてください。

 

今回は以上です。
面白い!と思った方は、是非、ターゲッティングから取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。