ビジネスに フルスイング していますか?

 

ビジネス に フルスイング って意味がわかりませんよね(-_-;)
フルスイング というのは、全力で勝負するということです。

私が都内で生活していたころ、ストレスがたまると、元野球部とかではないくせに、バッティングセンターにいってバットを振っていました。理由は、ボールが当たったときにスカっとするからというのと、適度な運動になるからです。

 

野球経験がないということもあるのですが、ストレスを解消したいからといって、バットを力任せに振っても、ボールにあたらないで空振りになってしまい、周りにギャラリーがいると、結構恥ずかしかったりします。

「恥かしいから辞めよう」と思っても、まだ何球も球が残っているからやめられない。じゃあ、せめて空振りしないようにと思い、フルスイングではなくボールに当てるように力を調整して振ると、空振りする確率はグッと下がりボールが前に飛ぶようになることに気づきます。

 

そして、ボールが当たるようになってくると、だんだんと愉しくなってきて、飛んでくるスピードを上げたり、変化球も試してみるなど、新しいことに挑戦するようになって、気づけばバッティングセンターにだいぶハマっていました。(私のMAXは125キロでした。)


何が言いたいのかというと、面白くなると、勝手にいろいろなことに挑戦するようになるということです。そしてそのきっかけがフルスイングすることです。

 

フルスイング する際のポイントとは?

 

がむしゃらになって挑戦する。それでもし失敗したら、成功するためにはどうしたらよいのかと考え、改善すればいいのです。

これをビジネスで実践する際のポイントは、失敗してもOKな環境で挑戦することです。

 

失敗してもOKな環境というのは、いちかばちかの大勝負ではなく、限られた予算の中で、成功したらラッキーくらいの気持ちで温かい目で見守っていられる環境です。

成功したらラッキーとはいっても、ビジネスですので本気で成功させる熱意は絶対に必要です。失敗する前提でテキトウにやらせるのは費用のムダでしかないですからね。


要は、小さくテストするということです。小さくテストして、成功すれば事業化に本腰を入れればいいですし、失敗すれば、それを踏まえて次どうするかを検討すればいいというだけです。

そして、小さくテストする際のポイントは、フルスイングで挑戦するということも大切です。

小さくテストしているのに、最初から当てにいってしまうと、「こんなもんでしょ?」というような、小さな結果しか見えないからです。そうすると、小さな結果に満足してしまい、改善を怠り、大きな結果に繋げられなくなってしまいます。

 

反対に、フルスイングで失敗すると、どうしたら成功できるのか?と本気で考えるようになり、小さな結果では満足せずに、大きな結果がでるまで思考錯誤しながら挑戦し続けることができるようになります。



もしかしたら、精神論のように捉えてしまう方もいるかもしれません。正直、そう言われると否定できない部分はあります。

ただ、スポーツの世界では、「フルスイングで挑戦できない人が、頂点に立つことはない」ということは言いきれます。

 

最初から8位入賞を目指して練習している人が、優勝出来ると思いますか?私は思いません。1位を目指して努力して練習している人達が競い合って、その結果として1位という成果を得ることができるものだと思っています。少なくとも私はそう思って、競技者として生活していました。(結果は残念なものでしたけど・・・(-_-;))

 

仕事の現場でもこれと同じです。「どうせ失敗するだろうから・・・」という感覚で新しいプロジェクトを始めると、大抵失敗します。そういう場合、多くの人が「やっぱりね」と、自分の予想は正しかったと考えます。

ですが、そういう人に限って「成功させるために本気で行動したか?」というと、していません。最初から「失敗ありき」で行動しているのから、「失敗に終わった」とも言えます。もちろん、「本気で行動した」からといって、必ず成功できるとは限りませんが、少なくとも、「成功する可能性」は何倍にも上がります。

本気で取り組むからこそ見えてくる、現計画の盲点や改善点があります。「どうせ失敗する」と思うのであれば、「では、成功させるためには、何をした方が良さそうか?」という視点で考え、意見を出し、行動する人になりたいと思いませんか?

 

こんな話をすると、ますます精神論になってしまいますが、本気で挑戦しない人に、大きな成果は返ってこないということがなんとなくでも分かってもらえれば、いいと思います。

今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。