シゴトをタノシクするヒント- Funを作ってFanを増やそう -
Menu

滑舌悪い芸人に学ぶ、弱みを強みに変える方法

point_know how

アメトークという番組でおなじみの「滑舌悪い芸人」。現在ではすっかりおなじみの「面白い芸人」として受け入れられていますが、少し前までは、お笑い芸人という方々は、「しゃべり」で人を笑わせるのが基本というイメージが定着していたので、滑舌が悪いというのは、ある意味では致命的な問題だと思われていました。

漫才やコントをやるにしても、何を言っているのかがわからなければ、笑うタイミングがイマイチよくわかりませんし、”滑舌の悪さ”をボケにもってきて笑わせるという構図もいまいち受け入れられていませんでしたので仕方が無かったのかもしれません。


ですが、アメトークという番組を通じて、「滑舌の悪さ」という面白さを「趣のある芸の一つ」として再定義した結果、突然、広くお茶の間に受け入れられるようになりました。

結局のところ、アメトークという超人気番組のチカラがスゴイという一言につきますが、”滑舌の悪さ”という芸人の弱みを、”面白さという強み”に変えたという視点を見逃すことはできません。

 

滑舌の悪さを活かしてユーチューバ―に!?

 

本来、滑舌の悪さというのは、芸人としてネタで勝負することの幅に制限がかかってしまうので、ある意味決定的な弱みになってしまいます。

ですが、その弱みを”面白い個性”として自分の”強み”に再定義することで、滑舌が悪いという面白さを武器に、現在活躍している、滑舌悪い芸人でブレークしたのが諸見里さんです。

そんな滑舌悪い芸人の一人である、諸見里大介さんが滑舌の悪さを活かして、現在ユーチューバ―に挑戦しています。諸見里さんの”滑舌の悪さ”とインパクトのあるキャラクターなので、ある意味、ユーチューバ―に向いているのかもしれません。

その動画がこちら
「2分オムライスに挑戦」篇

 

動画をご覧になった方ならわかると思いますが、普通にオムライスを作っているだけの動画です。芸人なのに、全然ボケたりしていません(+_+)ただ、滑舌が悪いだけです(笑)

でも、面白い動画になっていますよね?

滑舌の悪さという芸人の弱みを、見事に強みに変えている例だと思います。他にも、「本気でお天気キャスターに挑戦編」や「滑舌がよくなる方法を試してみた編」というような、滑舌の悪さを活かした動画を公開していることからも、諸見里さんの強みである「滑舌の悪さ」を活かせる動画制作を行っていることがわかります。

 

弱みを強みに変えるには?


弱みを強みに変える方法を、諸見里さんの例を参考に考えると、一般的には弱みになることであっても、一部の方に受け入れられている部分を強みとして捉え、それに注力していくということです。

前途したように、一般的には「滑舌の悪さ」というのは芸人としては弱みになる部分です。(話しのネタで勝負できないので。)ですが、滑舌の悪さで笑いが起きるという点に注目し、その滑舌の悪さを活かすことによって、人気芸人の座を獲得することに成功しています。


では、これをあなたのビジネスに置き換えて考えてみましょう。

Q1.あなたのビジネスで、世間・一般的には”弱み”とされているものは何ですか?

Q2.その”弱み”のなかで、一部の方に受け入れられているものは何ですか?

Q3.その一部の方をさらに悦ばせるにためには、その弱みをどのように活用したらよいと思いますか?

いくつかの案が出てきたと思いますので、あとは、世間・一般的にみての”弱み”を、あなただけが提供する”強み”として前面にだして活動するだけです。

世間・一般的に”弱み”と思われていることに手を加えようとは誰も思いませんので、早ければ早いほど、あなただけが提供する強みとして生まれ変わらせることができますよ。

面白いと思った方は、是非、挑戦してみてください。
今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。