シゴトをタノシクするヒント- Funを作ってFanを増やそう -
Menu

フリーペーパー広告に掲載する際のチェックポイント

広告掲載する際の3つのチェックポイント

地元の集客を行うのに効果的なのが、地元のフリーペーパーの広告です。

郡山だけでも、フリーペーパーと呼ばれる無料情報誌が複数誌存在するので、サービス業を行っている方は、各社からの広告掲載の営業がきているかと思います。

そこで、フリーペーパーに広告を掲載する際のチェックポイントを3点お伝えしたいと思います。

①フリーペーパーの発行部数について

発行部数とは、文字通り、どれくらい発行しているか?ということをあらわしています。
端的な見方ですが、発行部数が多いということは、それだけ多くの読者がいるということです。

ですので、発行部数が多ければ、それだけ広告を「多くの人に見てもらえるチャンスがある」ということでもあります。

しかし、ここで注意が必要なのはポスティングを行っている場合です。
ポスティングを行うということは、必要としていない方へも渡している可能性があるということです。
その場合、ゴミ箱に直行する確率がとても高いということを見逃してはいけません。

②フリーペーパーの読者について

そのフリーペーパーはどのような読者を対象として作成しているのか?ということを忘れてはいけません。
なぜなら、女性向けの誌面に男性向けサービスの広告を掲載しても、問合せは期待できないためです。

これは、性別だけではありません。
若い世代向けなのか、シニア層なのか?、独身者向けなのか、既婚者向けなのか?

あなたの提供しているサービスを欲しがっている方が読むかどうか?という視点でチェックしてみて下さい。

③フリーペーパーの利用(活用)目的について

これは読者の方が、どのような目的でそのフリーペーパーを読んでいるのか?ということです。
食事する場所を探すために読んでいるのか、休日に出かける場所を探すために読んでいるのか、何かお得な情報がないかな~と、なんとなく読んでいるのか。

これは、フリーペーパーの内容を見ればある程度わかります。
その利用目的が、あなたの提供するサービスに合うものなのかをチェックしてみて下さい。



フリーペーパーに広告に限らないことですが、広告出稿を考える際には、
採算がとれるかどうか?」という視点をもつことがとても大切です。

発行部数が多くても、自社とは全く関係の無い読者層向けの誌面に広告を掲載しても意味がありません。
このフリーペーパーに掲載したら、期待する反応が取れるかどうか?
ということを踏まえたうえで、掲載する・しないを判断することがとても重要です。

フリーペーパーに広告掲載を検討する際には、お伝えした3つのチェックポイントを確認してから判断してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。