シゴトをタノシクするヒント- Funを作ってFanを増やそう -
Menu

悪天候の日でも、お客さまを集めるための仕組づくり

悪天候

関東より北では大雪ですね。

郡山では、暴風・防雪&先週の大雪の残雪で、
ちょっとした買い物にでかけるのもおっくう(めんどくさい)になってしまいます。

来店型のビジネスをしている方にとっては、
こうした天気の影響はかなり大きく、
軒並み売り上げが下がるものです。

ですが、ちょっとした仕組みをつくるだけで、
今日のような悪天候に左右されずに経営をしていくことも可能です。

そのちょっとした仕組みとは何かというと、
お客さまとの繋がりをつくり、お客さまが行動したくなる情報を教えるということだけです。

お客さまとの繋がりとは、人としての繋がりも大事ですが、
ここではいつでもお客さまと連絡が取れる仕組みを作るという意味で表現しています。

いつでもお客さまと連絡を取ることができるようになっていれば、
「大雪のなか来てくれた人には、感謝の気持ちを込めて特別サービスします!」
というような情報を簡単に伝えることができます。

昔の魚屋さんが言っていた、
「奥さん、今日は活きのいい○○が入ったよ!!1匹どうだいっ?」
というのも「お客さまが行動したくなる情報」で、
これを仕組化することが大切なのです。


では、どうやって仕組み化するのか?

例えば、メールマガジンを使うという方法があります。

お客さまにメールマガジンを登録してもらえれば、
いつでもお客さんにコチラから情報を伝えることができる
という仕組みができます。


ですので、今日のような悪天候の日に、

「雪の中お越しいただいたお客さまには、
感謝の意を込めてビール3杯無料にします!」

というようなメッセージを送ることで、
悪天候のため、お客さまが誰も来なかった・・・
という状況を回避することができます。

他にもツイッターやLINE、ファイスブックなどでも、
同様なことができます。


もしも、悪天候の日の集客に悩まれているのでしたら、
お客さまとの繋がりをつくり、お客さまが行動したくなる情報を教える
という仕組みをつくることをオススメします。


P.S.
商品には自信があるけれど、なぜか、お客さまがリピートしてくれない・・・。
そんな悩みをお持ちでしたら、まずはコチラ⇒お客さまに選ばれる理由がわかる、ワークシートから始めることをオススメします。



今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。