シゴトをタノシクするヒント- Funを作ってFanを増やそう -
Menu

あなたのホームページは、「今すぐ客」に逃げられていませんか?

今すぐ客に逃げられていませんか?

先日、ぎっくり腰になったため私が独立してからはじめて治療院に行ってきたのですが、「もったいないな~」と感じることがいくつかありました。とくに今回お伝えする内容は治療院の先生だけでなく、店舗型で顧客の問題解決をサポートするビジネスを行っている方にも当てはまると思いますので、自分毎として読んでいただければと思います。

まず、今回の私の症状なのですが、週末に実家の稲刈りを手伝っていた時に、たいして重たいモノを持っていたわけでもないのに、”ぎっくり腰”が発症しました・・・(+_+)過去にも、似たような腰痛は経験しているので、「安静にしていればその内直るだろう・・・」と思っていたのですが、今回は別物でした。

何が違うのかというと、今回は、一晩たっても痛みが引かなかったからです。ちょっと動くのにも激痛を感じるので、立ったり座ったりするのもスーパースローモーションで動いていました。重いモノは持てないですし、引き戸の開け閉めも苦痛で声が漏れるくらいです。歩く姿なんて、ロボットのアシモ君みたいな姿勢ですし、しかも初期のアシモ君並みにスローペースです(苦笑)

そんな状態ではまともに仕事もできないため、とりあえず治療して症状を軽く、あわよくば一発解消を狙って、いくつかの選択肢の中から、「治療院に行こう!」と決めました。

こんな時、あなたなら、どうやって治療院を決めますか?
かかりつけの治療院がないなら、おそらく、多くの方がネットで検索して治療院を探すと思います。私自身もその選択をして、ネットで検索をかけたのですが、私はどの治療院がいいのかだいぶ悩んでしまいました。


悩みが可決できるか分からないHP



なぜなら、ホームページ(以下、HP)だけでは「ぎっくり腰」を直せるかどうかがわからなかったからです。「とりあえず作りました」というようなHPが多く、「こんなことで困っているならウチに来てください!」という内容がすっぽり抜けているのです。今回の私の場合、「ぎっくり腰」を直せる治療院を探していたのですが、「ぎっくり腰なら、当治療院で!」というようなサイトがほとんどなかったのです。

HPの中では、「腰痛でお悩みの方」というようなページはあるのですが、私の中で「腰痛 ≠ ぎっくり腰」という認識なので、「ここで大丈夫かな・・・」と悩んでしまいます。

要するに、WEB戦略がきちんと構築されていないために、「今すぐ購入してくれるお客さま(=今すぐ客)」を逃している可能性が高いのです。



例えば、あなたがぎっくり腰をなんとか直したい場合、「腰痛でお困りの方は当院で!」と伝えている治療院と、「ぎっくり腰でお困りの方は当院で!」と伝えている治療院では、どちらの治療院を選びますか?

恐らく、後者の方だと思います。ですが、おおくのHPでは前者の伝え方をしています。

「腰痛でお困りなら・・・」
「肩こりでお困りなら・・・」
「ダイエットしたいなら・・・」
「キレイになりたいなら・・・」
「エステなら・・・」

というように、ざっくりとした「大カテゴリー」でくくって紹介しているのがほとんどです。残念ながら、これでは「今すぐ客」を逃すHPになってしまうので非常にもったいないです。


具体性を意識した言葉を選ぶ



ではどうすればいいのかというと、例えば、上記の例を違う表現にするなら、

「ぎっくり腰でお困りなら・・・」
「肩が痛くてPC作業ができないというなら・・・」
「二の腕のたるみを無くしたいなら・・・」
「顔のむくみをなんとかしたいなら・・・」
「仕事帰りにエステを利用したいなら・・・」

というように、見込み客が考えていることや感じていることを具体的な文章にして伝えることで、「あ!私にピッタリかも!?」とか「私の悩みを解決できるかも!?」というように興味を持たせることができます。(紹介している例文は、だいぶテキトウですが・・・)



もし、あなたが「HPからの問い合わせが増えない」ということで悩んでいるのであれば、こういった、”見込み客の悩みや抱えている問題”を具体化して伝えているか?ということを見直してみてください。他にも改善すべき要素はいくつかあるかもしれませんが、今すぐ客がアクセスするようなHPの場合、それだけでも、問い合わせの増加に繋がります。


面白いと思った方は、是非、取り組んでみてください。
今回は以上です。

==>>===■□■========>>===

Fanを悦ばせるFunを創る、
ファンビジネスを始めませんか?

ファンビジネス化コンサルタント
伊藤
=>>- – – – – – – – – – – – – – – – ===
HP:ファンメイキング | 福島県
Blog:ファンビジネスのすゝめ
twitter:@funmaking_ito

==>>==■□■==>>===^-^)v==

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。