シゴトをタノシクするヒント- Funを作ってFanを増やそう -
Menu

資格を取得し開業したけど、お客さんが来ないので開店休業状態に!?

集客できないとお悩みのあなたへ

あなたがもし、何らかの講座を受講して資格を取得し、やっとの思いで開業したけれど、お客さんが全然きてくれない・・・と悩んでいるのであれば、早急になんらかの手を打つことが必要です。

なぜなら、何も対策を行わずにいれば、開店休業どころか、借金だけ増やして閉店ということになってしまう可能性が高いからです。

資格を取得するために掛けた時間や資格取得講座に支払った費用、開業するにあたっての不動産や設備などもろもろかかった開業費、お客さんを集めるための広告費なども含め、これまで支払ってきた多額のお金がぜ~んぶムダになってしまいます。さらに銀行にお金を借りている人は、負債も残ってしまいます。


例えば、「今はお客さんが来ないけど、広告をだしているからそのうち来るようになるだろう」なんて思っているということは、上記したような状態になるカウントダウンが始まっているということです。ちょっと、恐怖で煽ったような文章になっているように感じるかもしれませんが、煽っているわけではなく、現実的に考えられる事実を述べているだけです。

実際に、お客さんが来ないくて困っているのに、何も手を打たずに同じことを繰り返している経営者はたくさんいます。もしかしたら、あなたはその一人なのかもしれません。

ですが、もしあなたが、「そんな状態から抜け出したい!」と本気で考えているのであれば、とにかく行動するしか抜け出す方法はありません。

一番手っ取り早いのは、私のようなコンサルタントなどに依頼することですが、今回は、あなたが、自分で改善できるポイントを3つ紹介します。

 

集客の悩みを改善するポイントとは?

 

①ターゲットを変える


これまで集めようとしていたお客さんを変えて、違うお客さんを集めるということです。

資格取得講座などで、資格を取得し独立した場合、面白いほどにターゲットがかぶっている可能性が高いです。理由は簡単で、この資格ならこういうお客さんが来てくれるハズという王道のイメージがあるからです。

もしあなたが、その王道のお客さんを集めようとしているのであれば、それは、集客力の高いライバル達と真っ向勝負するようなもの。ですから、それを避けるというのも重要な経営者としての選択です。

 

②集客媒体の文面を変える


ターゲットとなるお客さんが変われば、当然、抱えている悩みの優先順位も変わってきますので、それに合わせて、集客媒体の文面を変える必要があります。

集客媒体というのは、例えば、折込チラシやフリーペーパー、ポスティングチラシや、ブログやフェイスブックなど、あなたが集客するために利用しているモノ(媒体)のことです。

特に、ヘッドコピーにあたる部分は、お客さんが真っ先に目にするところなので、お客さんの興味を惹く文言に変える必要があります。ここは、非常に重要な部分ですので、広告会社任せにせずに、自分自身でも作成することを強くおすすめします。

 

③利用する集客媒体を変える


ターゲットが変われば、ターゲットとなるお客さんの目に触れやすいものに、広告媒体も変える必要があります。

例えば、フリーペーパーでも違う業者のフリーペーパーに変えるとか、フリーペーパーからポスティングに変えるとか、ポスティングチラシなどのオフライン広告から、ブログやフェイスブックなどのオンラインを活用した集客方法に変えるなど、その選択肢はたくさんあると思います。

重要なのは、「流行っているから」という理由で広告媒体を選ばずに、ターゲットの目に触れる機会が多い媒体を選ぶということです。結構この媒体選びで失敗している方もいるので、改めてチェックしてみましょう。



今回は独立開業したけれど、集客できないという方のために、集客するために取るべき行動のポイントを3つ紹介しました。当然、これが全てというわけではありませんが、これを実際に行うだけでもかなり集客効果は高くなるハズです。

集客できなくて困っているという方は、実際に行動に移してみてください。

今回は以上です。

P.S.
こういった情報は、メルマガで配信していきますので、情報が欲しいという方は登録することをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。