シゴトをタノシクするヒント- Funを作ってFanを増やそう -
Menu

映画「ジョーズ」を見る最も適切な方法に学ぶ、体験の価値

スティーヴン・スピルバーグ監督の傑作スリラー映画「ジョーズ」という映画をご存知ですか?1975年に制作された映画ですが、今でも十分にその恐怖を体験することができる作品です。もしかしたら、あの「テーマ曲」の方が印象が強い方もいるかもしれませんね。あのテーマ曲はコチラ↓

(出典:YouTube

今から40年前に制作された「ジョーズ」という映画を、今の時代でもヒヤヒヤドキドキしながら見ることができるという方法を紹介した画像が話題になっています。

その画像というのがコチラ
ジョーズを見るのに最適な場所
(出典:ラバQ http://labaq.com/archives/51853108.html

どうですか?画像を見たら納得していただけたのではないでしょうか?想像しただけでも「ジョーズ」という映画をヒヤヒヤドキドキしながら見ることができそうというのが明確にイメージできるのではないでしょうか?


体験することが価値を高める



この画像でわかることは、視野が悪くなる夜に、湖で、ボートに乗って、「ジョーズ」という作品を鑑賞しているということです。

つまり、疑似的に、ジョーズの世界観を実際に体験しているというわけです。いるはずがないとわかっていても、上映中にサメの背びれのようなものをつけたラジコンが近くを泳いでいたら、ドキッとしてしまうと思います。

40年前に制作された作品で、日本で何度もTV放送されている傑作ですから、ストーリーもオチもわかっている作品ですが、日本で有料で同様のイベントを開催しても、集客は成功すると思います。(この画像のイベントが有料なのかどうかは不明ですが・・・。)



この画像から学べることは、「体験する」ということが「価値を高める」ということに繋がるということです。

実際に「海」や、「船の上」でなくてもいいということです。例えば「プールでゴムボートに乗って鑑賞」というような、疑似体験でも十分満足してもらうことができます。

重要なのは、その世界観を感じさせることです。あえて視界が悪くなる夜という時間帯に、ジョーズの舞台となっている水の上で見るということが重要なのです。

もし私がプール関係者だったら、このままマネしたイベントを開催したい!と思ってしまうほど、秀逸なイベントだと思います。(プールで上映会というのもある意味新鮮ですしね。)



紹介したイベントは、40年前に制作された作品の価値を体験により引き上げることに成功していますが、あなたのビジネスでも、疑似的に体験させることで価値を向上させることはできないでしょうか?

面白いと思った方は、是非、取り組んでみてください。
今回は以上です。

==>>===■□■========>>===

Fanを悦ばせるFunを創る、
ファンビジネスを始めませんか?

ファンビジネス化コンサルタント
伊藤
=>>- – – – – – – – – – – – – – – – ===
HP:ファンメイキング | 福島県
Blog:ファンビジネスのすゝめ
twitter:@funmaking_ito

==>>==■□■==>>===^-^)v==

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。