5分前行動が、ビジネスリスクを回避する

画像の説明

学生時代に、『5分前行動』と教えられた人も少なくないと思います。
社会人になると「約束の時間に遅れた」ということだけで、『信用できない人間』というように判断されてしまうので、『5分前行動』は社会人になってからもとても有効だと感じています。


勘違いしている人が多いのですが、「偉い人は、遅れてやってくる」というイメージはありませんか?

でも実はこれ、間違いです。
偉い人ほど忙しく、時間通りに行動しています。つまり、他の人が5分前行動を行い、約束の時間に合わせてトップが登場しているので、「偉い人は遅れてやってくる」というイメージがついてしまったのではないかと思います。


約束の時間に遅れるということは、遅れた時間分相手を待たせているということになります。つまり、相手の時間を奪ってしまうことになるのです。



「たった5分で?」と思ってはいけません。ある本で紹介されていた話ですが、少しシビアなお客様である場合、「たった5分」の遅刻で取引が不成立になることもあります。なぜならば、そのお客様がみているのは、「何分遅れたか?」ということではなく、「約束を守れたかどうか?」というところだからです。つまり、たった5分遅れただけで、あなたは「約束を破った人」という見られ方をするということですね。



一般的にプライベートでは、時間に遅れる人は「ルーズな人」と判断されてしまう程度ですが、ビジネスの現場では、それだけではなく「約束を守れない人」と判断されてしまいます。

ビジネスは約束で成り立っています。そう考えると、「約束を守れない」と判断されることは、ビジネスにおいて致命的なダメージをうけたも同然です。
たかが5分、されど5分。たった5分の違いで、致命的なダメージを回避できるのでしたら、5分前行動は死守したいものですね。

コメントを残す