シゴトをタノシクするヒント- Funを作ってFanを増やそう -
Menu

USPの効果について

マーケティング用語で、よく使われる言葉に
USPというものがあります。
これはunique selling propositionの略で、
自社や自社の商品やサービスのみが持つ独特の強みの事を指します。

「独自のウリの提案」を簡潔にまとめたフレーズであり、
コンセプトを端的にまとめたものです。

事業を行ううえで、このUSPがあるのと無いのとでは、
お客様が受け取るイメージは全く違います。
次の2つを比べてみて下さい。


「おいしいピサ販売中!」

「焼きたてのアツアツのピザを30分以内にお届け。
遅れたら代金はいただきません!」


どちらのピザを頼んでみようかと思ったでしょうか?
ちなみに後者のUSPを思いついた人は、
このUSPによって顧客を満足させることに成功し、
大富豪となってその業界に大改革を起こしました。



これは、あの有名なドミノ・ピザのUSPです。

お客様がドミノ・ピザに求めていたのは、
「味」ではなく、早く食べたいという「欲望」であることを感じ取り、
その欲望を満足させるために「早さ」をウリにしたということです。

お客様に「30分でお届け」という「早さ」を約束することで、
ライバルとの差別化に成功し、誰もがピザといったら「ドミノ」と
答えるようなイメージを築くことに成功したのです。

お気づきかもしれませんが、このUSPでは
ピザの味には一切触れていません。

ピザを販売している所なのに、
ウリを「美味しいピザです!」ではなく、
「30分以内にお届け」にしているのがポイントです。

一説によると、当時のドミノ・ピザは
決しておいしいものではなかったらしいです。

だから「味」ではない所で差別化をしようと思ったのかもしれませんね。

同じ商品でもUSPで差別化できる!

正直、USPを考え出すことはとても難しいです。
しかしたかがUSP、されどUSP。

自分が持っている商品やサービスに
強力なUSPを考え出すということはとても重要な活動です。

商品やサービスにアツい思いを持っているのであれば、
本当にいいと思えて実際に効果のあるUSPを作ることができます。

あなただけのUSPを作って、ライバルと差別化を図り、
大成功のチャンスをつかんでみてはいかがですか?



USPについてのご相談はお問合せよりご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。