ファンが集まる仕組み~その2~

ファンが集まる仕組みの2つめのSTEPは、「何をして欲しいのかを明確にする」ということです。


テレビCMで、「詳しくはWEBで」というセリフを、よく耳にするようになったと思いませんか?これは、言い換えると「気になる方はWEBに詳しく書いてあるので、チェックして下さいね。」と、お客さまに何をして欲しいのかを明確に伝えるということをしているのです。

もともと、数秒間のCMの時間内で、商品やサービスの魅力を全て伝えるのは大変難しいです。従来であれば、TVCMで興味を持つ→購入、または問合せという流れでしたが、インターネットが普及した今では、興味を持つ→ネットで調べる→よさそうなら購入というように、問合せの流れが購入までにワンクッション増えています。

その購入フローを意識して、「ネットで調べる」ことを前提に商品サイトを作り込むことで、より購入しやすい環境を整えているとも言えます。

しかし、せっかく購入しやすい環境をネットに整備したとしても、お客さまがサイトにアクセスしてくれなければ、その効果は激減してしまいます。そうならないために、CMの中で、「詳しくはWEBで」というように、お客さまに何をして欲しいのか?を明確に伝えることが重要なのです。

  • 問合せの電話をしてほしいのか?
  • 問合せのメールをしてほしいのか?
  • ウェブサイトにアクセスしてほしいのか?
  • 直接来店してほしいのか?

といったことが広告やチラシの中で明確になっていなければ、興味をもったお客さまが次に何をしたらよいのかが分からず、そのまま何もせずに興味が無くなってしまうという、機会損失にも繋がります。

「子どもじゃないんだから、興味を持ったら自分で調べるなり、問合せしたりするでしょう?」と思うかもしれませんが、その考えが盲点です。

そのちょっとしたひと手間を省略して機会損失を招くのか、ちょっとしたひと手間を加えて業績アップに繋げるのか?あなたはどちらを選びますか?


そして、そのひと手間というのが、お客さまに何をして欲しいのか?を明確にして、そのための仕組みを構築することです。

例えば、「電話で問合せ」をして欲しいなら、すぐに電話をかけることができるように、電話番号を目立つように広告やチラシ、WEBサイトに表示するというようなことです。

お客さまに何をして欲しいのか?を明確にする理由と、ここでの重要なポイントについては動画をご覧ください。

(約4分の動画です。)