ファンが集まる仕組み~その1~

ファンが集まる仕組みの最初のSTEPは、「ファンになってくれそうな見込み客の共通点を探る」ということです。


集客を行う際に多くの方が誤解しているのが「誰でもいいから、一人でも多くの人」という考え方です。

もちろん、「そんなことはない!」と反論する方もいると思います。しかし、残念ながら、多くのチラシや広告では、その反論を出来る方があまりいないのが現実です。


例えば、

  • 学習塾は「もっと偏差値を上げたい方!」
  • 英語教室は「英語を話せるようになりたい方!」
  • 痩身系サロンは「痩せたい方!」
  • エステサロンは「キレイになりたい方!」
  • 飲食店は「おいしいモノを食べたい方!」

というような呼びかけをして集客しているものが大半です。

これは、駅前で「サラリーマンのみなさーん」と呼びかけているようなもので、あまり反応してもらえません。


多くの方が偏差値を上げたいですし、英語は話せた方が良いと思っていますし、太るよりは痩せたいですし、キレイにもなりたいですし、当然、食べるなら美味しいものを食べたいと思っています。

しかし、それでは「誰でもいいから、一人でも多くの人」と考えているのと同じなのです。


集客する際には、もっと絞込みをする必要があります。
どう絞り込むのかというと、それは、「あなたのファンになってくれそうなお客さま」に絞り込むのです。

あなたのファンになってくれそうなお客さまに絞り込むことで、集客した後の購入に繋がり、購入後のリピートにも繋がるのです。

つまり、リピーターを増やすためには、集客の時にどのようなお客さまを集めているのか?ということがポイントになってくるのです。

「ファンになってくれそうなお客さま」にその絞り込む方法は動画で紹介していますので、興味があるかたは、動画をご覧ください。

(約3分半の動画です。)

次回は、2つ目のStepについて紹介します。