マーケティングのフレームワーク

Marketing_4P

”マーケティングの4P”と呼ばれている、どのマーケティングの書籍にも書いてあるフレームワークがあります。フレームワークというのは、何かを整理するときや、何かを考えるときの引き出しや枠組みのことを指します。


4Pのフレームワークとは、次の4つで、新商品の企画や、商品やサービスの分析を使う際に利用されるフレームワークです。

  • Product:商品
  • Price:価格
  • Place:場所・流通
  • Promotion:販売促進



それぞれについて、少し詳しく紹介します。

Product:商品



あなたの商品やサービスの価値はなんですか?

商品やサービスの価値がわからなければ、それを一番必要としているお客さまにあなたの商品やサービスの存在を伝えることは困難です。

反対に、商品やサービスの価値がわかれば、それを一番必要としているお客さまに向けて、ダイレクトに商品の存在を伝えることができます(=売れる)。

つまり、Product(商品)の考え方は2通りあるということです。
一つは、商品価値を分析してから、ターゲットを決める。
もう一つは、ターゲットを決めてから、商品価値を構築する。


Price:価格



あなたの商品やサービスをいくらで売りますか?

価格は自分で決められるといっても、自分が売りたい価格と市場価値があまりにもかけ離れていたら、誰も買ってくれないという可能性もでてきます。

価格を決める際には、お客さまが納得できる商品価値がどれだけあるのか?という点がポイントになります。


Place:場所・流通



あなたの商品やサービスはどこで売りますか?
また、どのような流通経路で販売しますか?

商品やサービスを一番欲しがるお客さまに、いち早く商品やサービスを届けるためには、どういった場所で販売するのが望ましいのか?または、どういった流通経路で販売するのが望ましいのかを分析することです。

つまり、お客さまの消費行動がどのようなものなのか?を調査・分析することがポイントになるということです。


Promotion:販売促進



あなたの商品やサービスをどのような方法で販売しますか?

どんなコンセプトで、どのようなメディアをつかって、どのように販促活動を進めるのかということを検討することです。

プロモーションでは、コンセプトに沿った形でセールスプロモーションを行うことがポイントになります。


この4Pは、一番メジャーなフレームワークなだけあって、マーケティングのキモである「誰に、何を、どうやって」をしっかりと導くことができます。

Product(商品)、Price(価格)、Place(場所・流通)、Promotion(販売促進)を効果的に活用し、売れる仕組みをつくりましょう!