マーケティングとは何か?

あなたは「マーケティング」という言葉を聞いて、どんなことをイメージされますか?

  • コンサルタントが行うような市場調査
  • 広告・宣伝活動を行うためのノウハウ
  • 売上をアップさせるためのノウハウ

日本マーケティング協会によると、マーケティングを次のように定義しています。

マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

とりあえず、「難しそうなもの」であることが伝わったのではないでしょうか?


ですが、マーケティングとは何か?を理解するために、「もしドラ」でおなじみのP・ドラッカー氏は、もっと簡単に定義しています。

「マーケティングとは顧客の創造とその維持である」

極めて単純ですが、これがマーケティングの本質ではないかと思います。

私なりの解釈ですが「お客さまを集めて、リピーターになってもらうための活動」がマーケティングであると捉えています。



ちなみに、マーケティングといえば?いうキーワードに、

  • 「3つのC」
  • 「6つのO」
  • 「戦略4P」
  • 「戦術4P」
  • 「5つのM」

というような、マーケティングを代表するフレームワークがありますが、必ずしも全て覚えなければならないというものではありませんので、必要に応じて取り入れるとよいと思います。

ビジネスマーケティングとは?



では、ビジネスにおけるマーケティングとは何か?ということですが、押さえるべきポイントは、たった1つです。

「誰に、何を、どうやって売るのか?」

■誰に
お客さまは「誰」なのか?
どんなニーズ・ウォンツを持っているのか?

■何を
商品やサービスは何か?
どんな価値を提供できるのか?
どんな問題を解決できるのか?

■どうやって売るのか?
お客さまに商品やサービスを買ってもらうためにはどうすればよいのか?
セールス方法は?
プロモーション活動は?
何を伝えるのか?
活用するツールは?

この、「誰に、何をどうやって売るのか?」を押さえることが、ビジネスにおけるマーケティングのキモです。

(約7分の、解説動画です。)



追伸:
マーケティングをきちんと学びたいのであれば、入門書となる書籍はたくさんありますが、やはり大本を押さえるという意味で、マーケティングの権威者である、フィリップ・コトラー氏の書籍を読むことをおススメします。

もう1つ追伸:
「5分でわかる」と言っておきながら、諸々説明をたしたら、動画が7分を超えてしまいました。でもタイトルはそのままですみません。