売上を増やす魔法 のような3つの方法

お店の売上を増やす魔法のような3つの方法

売上を増やす魔法 のような方法と聞くと、

いままでに存在しないような新しいノウハウやまだ知っている人が少ない、秘密のツールを使って売上を増やすのでは?

 

と期待するかもしれませんが、じつは、そんな方法は・・・ありません!

 

ですが、売上を増やす方法というのは、すでに研究し尽くされていて、”ある結論”が出ています。
その結論というのは、

 

売上を増やす方法は3つしかないということです。

 

ですから、売上を増やすにはその3つの方法を取り組めばいいのです。

3つしかありませんので、非常にシンプルなのですが、売上を増やせなくて困っている人の多くは、複雑なことをやろうとして失敗しています。

 

 

 

売上を増やす魔法 のような3つの方法

 

では、その3つの方法は何か?というと、

 

1、お客さんの数を増やす
2、お客さんが購入する金額を増やす
3、お客さんが利用する頻度を増やす

 

という3つです。

 

どうですか?すごくシンプルですよね?
「そんなことは知っているよ!」という声も聞こえてきそうですが、落ち着いて聞いてください。

 

というのも、売上で悩んでいるということは、この3つのことができていないから悩んでいるわけですし、高度で複雑なことをやろうとして、うまくいかないというケースも少なくないからです。

 

もっとシンプルに、

 

1、お客さんの数を増やす。

2、購入単価を増やす。

3、利用頻度を増やす。

 

というそれぞれのことに注力してみてください。

 

 

 

売上 が 増えない という お店 の 共通点

 

知っているけれど、売上が増えないという方の多くは、お客さんの数を増やそうという部分だけに注力しています。

簡単にいうと、「売上を増やすためには、とにかく集客するしかない!」と思い込んでいるのです。

 

確かに、新規客を集客し、お客さんの数が増えればそれだけ売上が増えることになりますから、間違いではありません。

 

ですが、現在、集客するということが、かなり難しくなってきています。

 

ネット広告でいうなら、一人を集めるための広告費が以前よりも3倍以上高くなっている業界もあります。

 

難しくなっているけど、ニーズがある。

だから、世の中には集客コンサルタントや広告代行会社がたくさんいます。

 

だけど、全部が全部そうではありませんが、費用対効果が比例しないところが多いのでは?という印象です。

 

 

 

売上の方程式 で、 売上を予測 する

 

話を戻しますが、売上を増やす方法は3つあります。

そして重要なのは、それらの3つの方法は方程式になっていて、しかもそれが掛け算であるということです。

 

その方程式というのは、

 

売上 = 客数 × 客単価 × 頻度

 

というものです。

 

「方程式」や「掛け算」なんていうと難しく感じたかもしれませんが、小学生でも解ける算数レベルです。

 

あとは、この方程式に数字を当てはめていけば、概算の売上を算出することができます。

 

例えば、12月の予定として、お客さんが10人、それぞれ1万円のコースを1回ずつ予約してくれたとします。
そうすると、次のように計算することができます。

 

売上 = 客数(10人)× 客単価(1万円)× 頻度(1回)
つまり、売上=10万円/12月となるわけです。

 

この方程式のポイントは、掛け算になっていることです。
どういうことかというと、一つでも0があれば、売上が0になってしまうということです。

 

お客さんを集められなかったら客数が0ですし頻度も0です。
仮に集客できても誰も買ってくれなかったら客単価が0です。

結果、どのケースでも売上が0になってしまいます。

 

ですから、3つのどの数字も0にならないように満遍なく注力することが大事なのです。

 

 

 

実践!頭の体操&経営予測力強化クイズ

 

〜 実際に取り組んで、経験値を高めよう 〜

せっかくですので、簡単なクイズを出します。
制限時間は15秒です。
簡単な問題ですので、頭の体操だと思って取り組んで見てください。

 

では、問題です。

 

【問題】
月間の売上を100万円にするために、客数、客単価、頻度に適切な数字を入れてください。

※回答は、すぐ下に表示されますので、スクロールする前に問題に取り組んでください。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・

数字を入たでしょうか?

それでは、答え合わせです。

↓↓↓

↓↓

【回答】

売上(100万円)= 客数(100人) × 客単価(1万円)× 頻度(1回)

も、正解です。

 

「も」というのは、他にも正解はたくさんあるからです。

 

例えば、

売上(100万円)= 客数(1人)× 客単価(100万円)×頻度(1回)

 

でもいいですし、

 

売上(100万円)= 客数(1人)×客単価(1万円)×頻度(100回)

でも、売上が100万円になります。

 

現実的ではないですけど・・。

 

 

今回お伝えしたいことのポイントここにあります。

 

つまり、売上目標を達成するためには、客数を増やすという以外にも選択肢はあるということです。

同じ客数でも、客単価や利用頻度を増やせば、売上を増やすことができますからね。

 

ですから、すでにどれかに取り組んでいて、うまくいっていないのであれば、違う方法(客数・客単価・頻度の向上)にも注力することをオススメします。

 

面白い!と思った方は、ぜひ、実践してみてください。

コメントを残す