自分だけが儲かれば、いいのですか?

売らないセールス

最近、福島県でも起業ブームが起きているようです。なんとなくすごそうな人が講師となって、起業したい人を集めて教育する「講習会」は、すぐに満席になってしまうそうです。身近なところでも起業家はいるんだな~と感心している一方で、そういう「起業したい人」をカモにしている所もあるので注意が必要です。

ポジティブな言葉を並べて、自分にもできそうな気にさせるのは常套手段です。成功哲学でもおなじみのナポレオンヒルの有名な言葉に「思考は実現化する」というものがありますが、はっきり言ってしまいますが、思っているだけでは何も実現しません。実現しているのは、「思ったことを、実現するための行動を起こしているから」です。「宝くじで1等当らないかな~」と思っていても、宝くじを買わなければ当たるはずがないのと同じです。


そんな甘い言葉を並べ立てて、起業するための講座に入会させたり、自分のビジネスの会員にさせようとしているケースが、いまだに多いようなので注意が必要です。私が過去に参加したビジネスセミナーでは、講師の方が次のようなことを言っていました。

「僕はおばあちゃん子で、本当におばあちゃんが大好きなんです。田舎から東京に出てきてからも、ずっと僕のことを心配してくれて、食べ物がないときには食べ物を送ってくれたり、お金がないときには少ない年金から仕送りをしてくれたりと、本当に感謝してもしきれないくらいです。だから、一生懸命努力して稼げるようになって、やっといま、おばあちゃんを温泉につれていくなどのおばあちゃん孝行が出来たんです。だから、僕と同じように、親孝行やおばあちゃん孝行をして欲しいと思って、僕のノウハウを販売することに決めたんです。」

大分端折りましたが、講師の人がいい人そうに感じますよね?でも、この講師のノウハウというのは、詐欺行為ギリギリのノウハウです(苦笑)うっかり「この人なら信用できる!」と思ってしまった人は、たぶんノウハウを購入したと思います。

冷静に考えたらわかると思いますが、詐欺行為ギリギリのことをやっていて、それを広めようとしている人が「信用できるいい人」であるわけがないですよね(^_^;)もしかしたら、本当に稼げる方法なのかもしれませんが、それによって詐欺行為ギリギリのことをされた人(=お客さま)は幸せにはならないですよね?

これから起業する人が考えるべきこと・・・


これは価値観の問題ですが、「自分が幸せになる為ならお客さまが不幸になっても構わない」ということに共感できるかどうかということです。

多くの方が、「共感できない」と答えると思いますが、実際には同じようなことをやっているケースの方が多いです。というのも、既存客をほったらかしにして、新規客を優遇しているケースが非常に多いからです。

言い換えると、甘い言葉でお客さまを集めておいて、一度購入してもらったら、後は”用済み”扱いし、全然大切にしていないということです。スマホの他社からの乗り換えユーザーへの現金還元イベントがその縮図ですよね?そんなことをしていてはお客さまとの関係が、希薄化していく一方です。ちょっとしたことがきっかけで、流出していしまいます。


そうならないように、私は、「お客さまとの関係を向上させるビジネス」を盛り上げたいと思い、新規客集客ではなく、リピーターを増やすことに注力することをおススメしています。

自分だけが儲かればよいというスタンスでは、ファンは増えません。大切なのは、お客さまにハッピーになってもらうために何ができるのか?ということです。そうすることによって、お客さまとの関係が向上し、あなたのファンが増えていくのです。



これから起業することを考えているのであれば、集客することだけでなく、リピーターを増やすことも前提にビジネスを組み立てることをおススメします。ビジネスセミナーの講師の甘い言葉にも、是非、ご注意ください。

あなたの起業が成功することを応援します。

今回は以上です。
面白いと思ったら、是非、取り組んでみてください。

Tag: 起業

コメントを残す

CAPTCHA