お客様との接点を整理する

お客様との接点を見なす

お客様にリピーターになってもらうためには、お客様との「関係性を深めること」がとても重要です。

しかし、「関係性を深める」と言われても、何をどうして良いのかわからないというのが正直なところではないでしょうか。

ズバリ言ってしまうと「関係性を深める」ということは、『お客様との接点を増やす』ということです。

例えば、何かのイベントに参加した時に、まわりに初対面の人しかいない場合、イベントが始まるまで黙って時間が経つのを待っていたという経験はありませんか?でも、その中に一度会って話をしている人がいればどうでしょう?おそらくイベントが始まる前に挨拶をするのではないでしょうか?

では、何度も会っている知人がいたらどうでしょうか?おそらくイベントが始まるまで間、ずっと話をしているのではないでしょうか?

これは、お客様との関係にもそのまま当てはまります。初めてのお客様は、少しよそよそしく。二度目以降のお客様は落ち着いた様子で。何度も通う常連さんは、まるで我が家のようにリラックスして接してくるのではないでしょうか?

ということは、『お客様にリピートしてもらうためには、お客様との接点を増やすことから始めればよい』ということが分かります。

では、どのようにしてお客様との接点を増やせば良いのか?と考えるたくなりますが、その前に大切なのが、「いつ、どのタイミングで、お客様と接触しているのか?」ということを整理することです。

なぜならば、現状を把握しなければ改善することが出来ないからです。

例えば、通常では何回お客様と接触タイミングがあるのかを確認せずに、お客様との「接触機会を増やそう!」と言われても具体的に何回以上なのかが分からなければ、期待している結果を得ることは難しいです。

しかし、通常1回の来店時にお客様と3回接触していることがわかっていれば、他にどのタイミングでお客様と接触することができるのかを検討することができますし、検討したことをもとに、具体的に行動に移すことにもつながります。

ですので、お客様との接点を増やすためには、現在の接触頻度を整理してみることから始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

・リピートしてもらうにはお客様との接点を増やすこと
・現状の接触タイミングを整理すること

コメントを残す