タラレバは、次に活かせる改善案!?

言い訳に注目し、違う選択肢を見つけよう

SMAPの解散とジャニーズ事務所のタラレバ論

こんにちは、FunMaking伊藤です。

オリンピックが盛り上がっている時期に被せられた、大人気アイドルグループSMAPの解散報道をみて、メディアは大騒ぎですね。

国内外からショックの声があがっていることからも、SMAPというグループが、国境を超えて多くのファンに愛されていたのかがわかります。

これまで報道されている内容を踏まえて、「こうしていれば、良かったのでは?」と思うことがあったので、今回は、全く無関係な立場からのタラレバ論です。


結論から言ってしまうと・・・

今回の騒動の主な関係者である、ジャニーズ事務所・SMAP・元マネージャー・ファン・メディア関係者(レギュラー番組など)にとって、一番いい落としどころはどこだったのか?を考えると、

①SMAPが元マネージャーと共に独立し、

②ジャニーズ事務所も、独立を快諾するだけでなく、今後の活動に支障が出ないように支援し、その代わりにアイドルグループ名(SMAP)の使用料を永続的に受け取る契約にし、

③レギュラー番組は、新事務所と改めて契約することで、番組をそのまま継続できる。

というところだったのでは?と考えています。

こうすることで、SMAPのメンバーも、元マネージャーも、働きやすい環境で仕事ができるし、それを認めたジャニーズ事務所もお株が上がると同時に、マネージメントしなくても権利収入が勝手に入ってくるという形になります。

要するにジャニーズ事務所が、独立の話があったときに、最初からいい意味で”大人の対応”をしていれば、メンバー間の不信感も発生しなかったでしょうし、さまざまな悪評も立たずに済むどころか、かえってメリットがあったのでは?ということです。

続きはこちら(移設先ブログへ移動)



最近の記事

コメント


認証コード0185

コメントは管理者の承認後に表示されます。