Windows Updateエラー【C8000643】の対応法(備忘録)

エラーコードC8000643の対処法
Windows Updateを定期的に行っていますか?
意外に知られていませんが、アップデートは毎月第2水曜日にセキュリティ情報がリリース(アップデート)されています。(日本時間の場合。)

時間がとられるので面倒と感じる方もいるかもしれませんが、セキュリティ対策の面を考えて、毎月、必ず行うように習慣化して下さいね。昼休み時間や、その日の作業終わり、就寝前などにアップデートをすれば、無駄な待機時間を感じなくて済みますのでオススメです。



基本的に、Windows Updateのアラートがポップアップされたときに更新してしまう私ですが、今月はなぜかエラーになり、更新できないというトラブルに直面しました。

表示されているエラーコードは、「C8000643」というもの。ネットで調べたところ、Microsoftのコミュニティで、同じエラーで更新できないという質問を発見。そのコミュニティでの回答は、「海外のサイトに書いてあるようにフォルダーをリネイムすればOK」というものでしたが、その肝心の海外のサイトをチェックしましたが、それらしきものが見つけられず・・・。

恐らく、ある程度PCに詳しい方なら、コミュニティに書いてある回答方法を読めば、何をすればよいのか”ピン”とくるのかもしれません。しかし、コミュニティの中でも「わからないまま」の方もいたようですので、備忘録として、私のやり方をお伝えします。


C8000643の対処手順。



まず、結論から言ってしまうと、CドライブのWindowsフォルダにある「SoftwareDistribution」というフォルダをリネイム(フォルダ名を変更すること)して、再度、Windows Updateを行えばOKです。

フォルダの場所は”C:\Windows\SoftwareDistribution”です。

作業手順は次の通りです。(作業方法はWindows7のPCで行っています。)

(1)Windowsボタンをクリックし、「コンピューター」を”右クリック”し、「管理(G)」をクリック。
管理画面を開く



(2)「コンピューターの管理」が表示されるので、左側のメニューの「サービスとアプリケーション」を展開し、「サービス」をクリック。
コンピューターの管理画面

そうすると右側に、サービスファイルの一覧が表示されるので、その中から「Windows Update」を探し、クリックする。

そして画面上部に表示される「サービスの停止」をクリックし、Windows Updateのサービスをいったん停止する。

※この画面は後で使用するので、閉じずに、そのままの状態で残しておいてください。



(3)次に、CドライブのWindowsフォルダを開き、「SoftwareDistribution」フォルダの名前を変更する。(図の場合、SoftwareDistribution2に変更)
windowsフォルダ

フォルダ名を変更したら、(2)の「コンピューターの管理」画面に戻り、「サービスの開始」をクリック。((2)図の「サービスの停止」の部分に表示されます。)



(4)Windows Updateを起動し、アップデートを開始する。
Windows Update画面

すると、Windowsフォルダの中に、「SoftwareDistribution」が自動で生成されます。((3)図は、生成された後の状態。)



(5)再起動→Windows Updateを実行→再起動を繰り返せば、全ての更新プログラムのインストールが完了し、アップデートも完了します。
Windows Update完了

以上が、ウィンドウズアップデートエラー【C8000643】の対応法です。


Windows10にアップグレードしたくない場合



※下記の掲載情報は、2016/01/26時点の情報です。
windows update後にPCの前から離れるなどして放置していると、「同意」をクリックしなくても、windows10のアップグレードが自動で始まるケースもあるようですので、ご注意ください。

Windows7や8を利用している場合、Windowsの最新OS、Windows10に無料でアップグレードすることができます。ですが、それを「まだ、アップグレードしたくない!」という方もいると思います。(実は、私もそうです(-_-;))

そういった方が、Windows Updateを行うと、次のような画面を見ることになり、驚くと思います。その画面はコチラ↓



Windows10アップグレードを始める

こっちは、Windows Updateをしたいのに、「Windows10にアップグレードする」という選択肢しかないのです。これは、ちょっと驚きますよね。

ですが、安心して下さい。履いて・・・じゃなくて、「はじめに(G)」をクリックしても大丈夫です。

(確認をしていないので、はっきりとは断言できませんが、もしかしたら、この時点で必用なアップデートは完了しているのかもしれません。ですから、この画面で閉じてしまっても大丈夫かも・・・。未検証ですので、自己責任で実験してみてください。)

なぜなら、「はじめに(G)」をクリックしても、すぐにWindows10へのアップグレードが始まるわけではないからです。

クリックすると、Windows10のダウンロードが開始します。
Windows10のダウンロード中



ダウンロードが完了すると、次のような、アップグレードの開始画面が表示されます。
Windows10 アップグレード開始画面

ここで、「同意しない(D)」をクリックすれば、アップグレードは中止されます。ですから、まだアップグレードしたくないという方は、「同意しない(D)」をクリックして下さいね。



そうすると、今度は、Windows Updateの画面が次のように表示されます。
Windows Updateの再実行推奨画面

※上記の画面は、「重要な更新プログラムの確認」をクリックし、重要なすべてのプログラムをインストールするチェックを入れた後の画面です。

ここから、「再実行」をクリックしたところ、またWindows10へのアップグレードのインストール画面になります。

ですから、とりあえず、Windows Update画面を閉じてください。しばらくすると、更新プログラムインストールのための再起動のアラートが出ますので、再起動→Windows Updateを実行→再起動を繰り返せば、すべての更新プログラムのインストールが完了します。((5)の図)



今回は以上です。
同じようなエラーで困っている方は、参考にしてみてください。(こういう方法もあるということです。)


コメント

  • Windows Updateエラー【C8000643】の対応法(備忘録)

    (備忘録)の通り実行しましたが Windows Update は「更新プログラムを確認しています...」のままで先に進みません。何とかなりませんでしょうか?


  • Re: Windows Updateエラー【C8000643】の対応法(備忘録)

    >>ご連絡ありがとうございます。
    まず、(ほかの作業ができなくて困っているという場合もあるかと思いますので、)windows updateは途中で強制的に中止しても問題ありませんので、”×”ボタンでストップしても大丈夫です。

    確認していただきたい点はいくつかあるのですが、とりあえず、インターネットへのデータ通信が問題なくできているということをご確認ください。データ通信が不安定であったり、速度が遅い場合は、更新に時間がかかったり、途中でフリーズしてしまう(止まってしまう)ケースもあります。

    データ通信が問題ないのであれば、(3)図にあるように、「SoftwareDistribution」フォルダが自動で作られているかどうかを確認してみてください。

    リネーム後に新しくできているのであれば、試しにもう一度、手順(1)から順に作業を行ってみて、もう一度アップデートしてみてください。((3)の手順を行った後に、(2)の「コンピューターの管理」画面戻り、「サービスの開始」をクリックすることを忘れやすいのでご注意ください。)

    それでもうまくいかないというのであれば、別のエラー(C8000643以外)も考えられますので、マイクロソフトに問い合わせてみることをお勧めします。

    上記の方法で、お役に立てれば幸いです。



認証コード1849

コメントは管理者の承認後に表示されます。